千葉県福祉機器展  於けやきプラザ

お約束通り手織りの助っ人に行って来ました。
今回で13回目を迎えるそうですが、
ずいぶんたくさんの来場者がありビックリしたところです。
a0363221_17583831.jpg



この前に11時半に食事をとりました。
「お薦めのところを」と言うことで我孫子在住の私が日本料理のおいしい「いわい」に
女性3名の方をお連れしました。
a0363221_18004461.jpg


                   鯛の煮つけがおいしいの。日替わりランチです。



a0363221_18023094.jpg


                  このデザイン素敵です。


たまたま私は紫色のロングベストを着ていきましたら、
皆さんからお褒めの言葉を頂戴しました。これね~
グレイヘアーに合っていると思ってね。
a0363221_18081739.jpg




次から次から体験希望の方が見えていましたが、さをりのスタッフの方が4人いらしたので、
ちょっとあいた時に私は手芸療法士協会と書かれたブースが気になり、
お話を聞きたいと思い、ここで作っているプラ板の花作りを体験しました。
a0363221_18123175.jpg

a0363221_18150639.jpg


                   プラ板に白いペンで輪郭をなぞり、



a0363221_18160341.jpg



                   紙やすりで傷をつけたところに色鉛筆で色をつけます。


a0363221_18170683.jpg

                 
                  菜箸で中心を押さえた花にエンボスヒーターで熱風をあてると
                  クルクルとプラ板がちじみ、花のようになります。


a0363221_18201241.jpg




                      接着材で2枚の花弁をつけ合わせ、
                      花の中央に芯になるビーズをつけ、裏側に輪をつけて
                      出来上がりです。




a0363221_18193158.jpg




a0363221_18194283.jpg


               これは後ろ側。あら――ーこれもピアスになるんじゃない?
               と言うことで二つ作らせていただきました。


a0363221_18241184.jpg



                株)リノキノさんではこのようなものを作っているそうです。
                施設から通われる方、またリノキノさんから施設に出向いて
                このような作業を御指導されるそうです。
                「教えると言うよりは利用者さんが自分から作れるように
                 工夫しています」とリーダーの東さんのお言葉でした。
                ボランティアをやれる体力と意欲を持っていたいと
                以前から考えつつも何も出来ていない自分ですが
                こういう手仕事を 通したことなら何か出来るかもしれないと
                思いました。年季の入ったこの身体ではありますがーーー

             

               明日もこの企画はあります。10:00~16:00
               興味のある方是非お出かけ下さい。私も
               お手伝いに行っておりますので。

    またこの会場では、様々な介護機器の紹介が出ていて、来場された数の多いことから
    関心が高まっていることも分かりました。
    いずれ自分も通る道のことですからね。









[PR]
Commented by cenepaseri at 2018-11-17 22:27
プラ板のイヤリングは可愛い😍ですね〜
簡単にできそうですが奥が深そうです。
いつか行く道、ホントそうです。
Commented by rui-asami at 2018-11-18 16:59
cenepaseri樣
プラ板で作ったピアスはシニアや子供でも出来るもので
プラ板を鋏で切れることが出来れば、あとは
エンボスヒーターで暖めるだけですから、簡単です。
レジンと言うのも最近流行っているようであれはどうするのでしょうか・・・
介護機器展に参加して、なるほどと思う物ばかりでした。
心筋梗塞で、麻痺が起きた人はこういう風に不自由になると言うことも分かりました。これはシニアになったら
自分だって何時そういうことが起きるかわかりませんから
機器を使って、自立した生活を送れるようにしたいものです。大変参考になりました。
by rui-asami | 2018-11-16 18:37 | きょうは | Comments(2)