好みはイタリー製の糸

  高島屋さんに出展が決まり、大忙しで、
  朝から晩まで機に向かう日々を送っています。
  じゃんじゃん織るーーーってな感じでやんす。


  これ面白い糸でしょう?ちょっと伸びたりします。
  とても楽しい雰囲気なんですが、この楽しさを少し押さえた大人の雰囲気にしたいんですーーー


a0363221_17371458.jpg



    こういう変わり糸はほとんどが緯糸に使うのですが、
    今回は経糸に使ってみようじゃないかーーー
    意外と絡まないでスムーズに通せました。

a0363221_17425899.jpg


                   こんな感じ。
                  楽しいでしょう?




   
   あら―――複雑な織り物みたいなのが出来たわ~
a0363221_18014662.jpg



a0363221_18020659.jpg



a0363221_18022201.jpg


               経糸は同じでもこのように緯糸を変えることによって
               全く違う表情が表れて来ました。

  
a0363221_18030058.jpg
          



               あぁ、楽しい~
               だから手織りって楽しいの。
               経糸と緯糸の組み合わせで思わぬ色が飛び出してくる。
               さぁて、
               これらを縮絨して今度はデザインを考えて、縫製に入ります。



                     どんな形にしようかな。
 
  先程高島屋の展示の企画の方から電話を頂きました。
   「タイトルはどうしますか?」
   「2行位で、コメントもほしいです」


                     さて、どうしようかな。




                                     
                 

[PR]
Commented by aba-n-c at 2018-08-16 21:12
この色も良いですね!
私好みです。ー
Commented by rui-asami at 2018-08-17 18:02
aba-n-cさま ありがとうございます。
ヨーロッパの糸ですが、私はイタリア製が好みです。
潔いというほどきっぱりとして美しい色になっていますので。
フィレンツェの生地やさんにそんな話をした所、
年配のおじいちゃんの兄弟のオーナーが「水がきれいだから染色がいい」といわれていましたね。
by rui-asami | 2018-08-16 17:57 | 手織り | Comments(2)