明石さんのお宝ダンボールから頂いた両面が裏になっている革の袋に鶏の絵を描き、
今日は、スマホ、パスモ(鍵)を入れるポケットと取っ手を作りました。
a0363221_18163662.jpg



                     革のミシンの下糸の入れ方をしっかりおそわり、
                     今日はスム-ズにミシンを踏んでいます。

a0363221_18173143.jpg



                         ちょうど良い大きさに出来ました。



a0363221_18182575.jpg



                        こちらは後ろ側です。ヒヨコがⅠ羽。




a0363221_18181815.jpg



                       これが表側、ヒヨコが2羽ね。




                   いたずら描きの様に好きに絵を描くのは楽しいです。
                   以前頂いた小袋がもうひとつあるけど、
                   この間久しぶりにだしたウールの着物が虫に食われて
                   補強しなければならないし、
                   先日始めたスウェディッシュレース織りの通し方の
                   間違いが見つかりやり直し中と、
                  中途半端がいくつかありますので、少しずつ片付けないとね。

                  根を詰めるといけないのでのんびりゆっくり、楽しみながら。
                  少しずつやっていこうか。
     
               
 
    

# by rui-asami | 2019-02-20 18:49 | きょうは | Comments(0)

頂き物で楽しむ~

今日は午前中に着つけのレッスンがありました。
それで今日は先生から着物を頂いてしまいました。
a0363221_19101268.jpg



                       先生はほっそりとされた方ですが、
                       以前太っていた時に作られた着ものだそうです。
                       頂いちゃっていいのでしょうか?
                       「ほらこれは26センチあるでしょ、今ちょうど
                       良いのは23センチなので、
                       これはもう着られないのです」

                       今日のレッスンでいただいた着物でやりましたら、  
                       私にぴったりでした。グレーがかった紫に
                       変わった織りが飛んでいる柄で、何か私のための
                       着物と言う感じで、良く似合ってます
                       (自分で言うのもおかしいけど)
                       有難く頂戴しました。



また、昨日、明石さんのところのダンボール宝箱から引っ張り出したお宝も
いただいてきちゃいましたよ。
a0363221_19100046.jpg



                      これは両方裏になっている革で、
                      とてもめずらしいものだそうです。
                  両方裏と言うのは表革をはがしたものということらしいです。
                  袋状になっていて上部はパンチで穴が開いています。
                  「絵も描けますよ」と言うことでしたので、


   さっそくーーー
a0363221_19102132.jpg





a0363221_19103178.jpg




                      こういうことをする時間って
                      ほんと、楽しい!!
                   
                      頂き物で楽しんだ一日でした。


# by rui-asami | 2019-02-19 19:22 | きょうは | Comments(2)

レザーワーク明石さんへ

私が織って、バッグに仕立てようと思っていたものがあったのですが、
バッグにするのってきちんと裁断しなければならないし、
そう思ってもなかなかうまくいかないのが現状。
そこで以前織っていた布を明石さんに仕立てていただくことにしました。

革のミシンも持っているのに、自分でやらず、もったいない自分!
でも、きちんと裁断し、ポケットも付けて革で処置をしていただくのは
やはり本職に任せたた方が良いと言うことで。
そして出来上がったのがこれです。
a0363221_19073563.jpg



                        形はイタリアで以前買ったものを見ていただき、
                        同じ形にしていただきました。
                  「わーーー、いいわねーーー」とご一緒した友人も。
                   ほんと、思うように仕立てていただきました。
                   おしゃれでしょ~
a0363221_19080534.jpg



                        中はこんな風にポケットも二つあり、
                       バッグ口はマグネットでつくようになっています。

a0363221_19083410.jpg



                      短足のモデルがまたいいでしょ~(笑
                      この右に見えているダンボールが
                      お宝ザクッザクなの。




   今日明石さんの所へ行ったのは革のミシンの下糸の巻き方を教わることでもありました。
   しばらくやっていないので、ここに載せておきます。
a0363221_19115694.jpg



                1 ボビンの中側から中央の小さな四角い穴に向かって糸を通す。

a0363221_19112649.jpg



                    2 糸をしっかり引っ張り出して、

a0363221_19164676.jpg



                      3 糸の先を中央の丸い穴に通す。
a0363221_19171149.jpg



                    4 しっかり引っ張って、糸はしが右に来るように
                      歯車にはめ込む。
                     ↓
a0363221_19173963.jpg





a0363221_19210892.jpg




                      5 ここの部分を前に押し出して。
                        ペダルを踏みます。


                     これで下糸が巻けます。よかったーーー
                     革のミシンこれからもしっかり使うべし!



a0363221_19365188.jpg



                      ゴム糊を明石さんはネットで買われているそうで
                      少し分けていただきました。
                      ペットボトルに入れておくと固くならないし
                      使い易いそうです。


                      この間のキツツキの絵を描いたショルダーの廻りも
                      縫っていただいたり、友人は
                      持ち歩くのに軽い口紅、筆入れを
                      さっと作ってもらっていました。
                      夫々気持の値段で500円也。

                      私は作っていただきたい財布を、
                      友人も面白い革を見つけてそれで財布を作って
                      もらいたく、いつでもいいからという注文です。
                      セカンドバッグの取っ手の付け替えもお願いして
                      ルンルンの友人。
                      「出来上がりが楽しみ~~」と。
                         
              ♪  楽しい時間をざっと2時間ここでついやしちゃいました ♪

                      
                 

# by rui-asami | 2019-02-18 19:47 | きょうは | Comments(0)